忍者ブログ
決して上から目線でモノ言うわけではありません。
カレンダー
05 2018/06 07
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
時計
プロフィール
HN:
謎の東洋人 モト山本
性別:
男性
職業:
カイロプラクター
趣味:
安物腕時計蒐集
最新コメント
[03/16 ある参加者]
[03/06 もぐもぐ]
[01/30 NONAME]
[01/30 NONAME]
[04/21 車田暁則]
[04/19 車田暁則]
[03/11 車田暁則]
[03/11 匿名]
[03/08 車田暁則]
[03/08 匿名希望]
最新トラックバック
カウンター
ブログ内検索
バーコード
アクセス解析
ここで話は少し時間を遡る。

今回、私がスピーカーに選ばれたのは、半ば既定路線であった。
当初、前回の5月に話をするはずだったのだが、テーマの関係上、順番が先送りにされていたのだ。
そのため、準備をする期間は他のスピーカーよりはあったと思う。

ある意味、苦労させられたのは、このブログの存在である。
これまでカイロプラクティック限定ながら、いろいろなコトを書いてきたと思う。
その「書きたいコト」と「話したいコト」が被らないようにしなければいけなくなったのだ。
まあ、それも承知の上でブログをスタートさせたのだけれども…。

「ソウルナイト」全体のテーマは「覚悟」に決まった。
個人のテーマは「ちゃんとカイロプラクティックしなさい」にした。
感覚としては「このブログをトークライブにしたらどうなるか」というものだった。

そのため「ブログの内容を話して欲しい」と言われたこともあった。
それでもいいか、とも思ったが、やはりある程度は「新ネタ」でいこうと決めた。
しかし、「書きたいコト」を「話したいコト」のために温存するのは、思っていたより難しかった。

今回のスピーチに関して、最初から決まっていたのはオチだけだ。
何から始めて、何に狙いを絞って、そして何で最後に繋げるか。
この構成の上手・下手が全てを左右する。

基本的には、ブログには「書きたいコト」を書きたい時に書いている。
ただ、書いていくうちに「書きたいコト」が「話したいコト」に変化していく時がある。
そうなった場合、書くだけ書いても、ブログとしてはそのまま「お蔵入り」だ。

この「お蔵入り」をいくつか集めて、要約したスライドを作る。
一見関係なさそうな話が、何だかんだで繋がっては形を成していく。
元々「話したいコト」前提の「お蔵入り」であったわけだから、それらを繋げること自体は然程難しくはない。

尺を一切無視して作った結果、スライドが30枚を超えた。
持ち時間30分から考えると、これはあまりにも多い。
よって、20枚を目処にスライドを削っていく。

せっかくの機会だからといって、内容を盛り込み過ぎてはいけない。
伝えたいポイントを如何に絞るかが重要なカギとなると考える。
30分であれば、ポイントはせいぜい3つが限度だろう。

更に、話の合間合間に「笑い」の要素を組み込まなくてはならない。
私の順番は2番目で、前の先生とは面識もないため、当日どんな話をするのかは想像もつかない。
加えて、観客によっては朝の10時から「カイロプラクティック漬け」になっているのである。
ここいらで「笑い」の1つでもなければ確実に寝てしまうに違いない。

とは言え、お笑いのライブと違って、観客は笑いに来ている訳ではない。
笑いに対する閾値は当然高く、それ故、生半可な笑いを取りにいくとこっちが大怪我をする。
下手をすると「何考えてんだ、てめぇ。ふざけるなっ!!」と大目玉を食らってしまいかねない。

こういう場合、中途半端な笑いが一番良くないと考える。
ある程度の思いっきりがないと閾値を超えていかない。
かと言って、思い切りが良すぎても逆効果になってしまいがち。

真剣な中で引き起こされる笑い。
どこまでは許容されて、どこからがアウトなのか。
この線引きがヒジョーに難しい。
スライドは1週間前くらいには完成しており、この線引きには最後の最後、本番直前まで悩まされた。

ってさぁ、悩むところが何か違うんじゃねーの??

そんな自問自答の中、行われたのがあのスピーチである。
既述の通り、ハプニングこそあったが、及第点は突破したのでは…と思っている。

最後まで悩まされた「笑い」に対する反応も勉強になった。
予想以上にウケたネタもあれば、予想以上にウケなかったネタもある。
予想通りの反応もあれば、予想外の反応もあった。

実は今回、2つの動画を用意していた。
共に1分程度のモノなので、長さとしては大きな問題にはならない。
ただ、動画として面白すぎるため、肝心の本筋が霞んでしまう危惧がある。
リハーサルの結果、長さに足が出る可能性もあったため、カットすることと相成った。

やっぱり「笑い」は難しい。
口下手な私にとっては、特に…。

そんなことより心配なのは、これも既述の通り、本当に私が伝えたかったことが本当に伝わったのかどうか。
ただ、それだけ。
それをなくしては、「ちゃんとカイロプラクティックしなさい」と、こっちが言われてしまう。

やっぱり、表舞台には立たない方がいいかも、だな…。

拍手[0回]

PR
お名前
タイトル
文字色
URL
コメント
パスワード
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事にトラックバックする:
Copyright © ちゃんとカイロプラクティックしなさい All Rights Reserved
Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
忍者ブログ / [PR]