忍者ブログ
決して上から目線でモノ言うわけではありません。
カレンダー
08 2018/09 10
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
時計
プロフィール
HN:
謎の東洋人 モト山本
性別:
男性
職業:
カイロプラクター
趣味:
安物腕時計蒐集
最新コメント
[03/16 ある参加者]
[03/06 もぐもぐ]
[01/30 NONAME]
[01/30 NONAME]
[04/21 車田暁則]
[04/19 車田暁則]
[03/11 車田暁則]
[03/11 匿名]
[03/08 車田暁則]
[03/08 匿名希望]
最新トラックバック
カウンター
ブログ内検索
バーコード
アクセス解析
9月18日。
世界中のカイロプラクターがブログをアップするであろう日。
知らんけど。

きっとカイロジャーナルのリンクページ更新も慌ただしくなることだろう。
知らんけど。

今日はカイロプラクティックの誕生日である。
発祥の地であるダベンポートは今年も生誕祭で盛り上がっているのだろう。
知らんけど、これは間違いない。

私も一度くらい顔出してみるべきだったな…。
何せ隣村に生息していたんだし…。

懐かしいな…。
ダッククリークにあった、韓国人が作るチャーハンが大好きだった。
KFCはAll You Can Eat、つまり食べ放題でテンションが上がり、100%確実に胸やけしてた。
チキンと言えばハーディーズだったけど、あそこではマッシュルームバーガーしか食べなかった…。

たぶんダベンポートを知る人でも全部は理解できないだろうな…。
15年以上も昔の話だ。

そのうちこのテの話も書いてみようか。
いずれネタも尽きてくるだろうし…。

でも、今回は別の話。
カイロプラクティックが発祥された時、創始者D.D.パーマーは50歳だった。
教育システムの確立、収監、親子間の確執、全国行脚による啓蒙…。
20年にも満たなかった残りの人生で、多くのことを成し遂げてきた。

志は半ばだったかもしれないが、ある程度の達成感はあったのではないだろうか。
晩年には息子B.J.との確執が解けたことから、安堵感も得られたことだろう。
後世にその名とカイロプラクティックを残した、素晴らしい人生だったと思う。

私がカイロプラクティックの道へ進もうと決意したのが、26歳の時。
いくつかの国の教育システムに触れ、全国行脚と言うほどではないが啓蒙活動は行っている。
親子間の確執は特にないが、彼女を殴って収監されたという男は知っている。
そして、まだ何も成し遂げてはいない…。

カイロプラクターを志した年齢でいえば、決して早い方とは言えない。
むしろ遅い方だと思う。
加えて、そこからの歩みもまた人並み外れて遅かった。

そんな中でも、人との出会いがあった。
のそのそしていたおかげで、本来出会いはずの無かった人たちともたくさん出会えた。
出会いを介して、更なる新しい出会いもあった。
出会いはあれど、出逢いはない…。

出会いの中心には、常にカイロプラクティックがあった。
だから、カイロプラクティックをもっと知ってもらいたい。
名前だけでなく、正確に知ってもらいたい。
心からそう願っている。

という訳で、まずは誕生日を知ってもらおうではないか。

自分のオフィスを訪れた1人1人に伝えてみよう。
"Happy Birthday!!"と書かれたステッカーを白衣に貼ってみるのもいいかもしれない。
バースディカードはもらえるはずもないから、こちらからあげてしまおう。
プレゼントは「健康」だ。

過去があるから今がある。
現在は過去から与えられたプレゼントである。
だから、英語で「現在」を"present"という。

知らんけど、そうらしい。
ま、キレイだわな。

「カードなんてもう間に合わない」とか思ってはいけない。
既存のテンプレートに手を加えてプリントアウトすれば、すぐできる。

カードなどなくても、口で伝えるだけでも十分。
あとは誕生日らしくハッピーな話をすればいい。
決して「来年やればいいや」などと思わないように。

このブログを読んで共感される方は、是非実行に移して頂きたい。
そして、原点に返る思いでカイロプラクティック治療にあたって頂きたい。

Happy birthday sweet & bitter 114!!

拍手[0回]

PR
お名前
タイトル
文字色
URL
コメント
パスワード
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事にトラックバックする:
Copyright © ちゃんとカイロプラクティックしなさい All Rights Reserved
Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
忍者ブログ / [PR]