忍者ブログ
決して上から目線でモノ言うわけではありません。
カレンダー
05 2018/06 07
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
時計
プロフィール
HN:
謎の東洋人 モト山本
性別:
男性
職業:
カイロプラクター
趣味:
安物腕時計蒐集
最新コメント
[03/16 ある参加者]
[03/06 もぐもぐ]
[01/30 NONAME]
[01/30 NONAME]
[04/21 車田暁則]
[04/19 車田暁則]
[03/11 車田暁則]
[03/11 匿名]
[03/08 車田暁則]
[03/08 匿名希望]
最新トラックバック
カウンター
ブログ内検索
バーコード
アクセス解析
これまで数多くのカイロプラクティック・オフィスのHPを拝見してきた。
その際、私は必ずプロフィールやスタッフ紹介をチェックしている。

学歴が小学校から書いてあったり、過去の職種に触れているものもあったりする。
その書き様は人それぞれであるが、その人となりが垣間見れるようで面白い。

その中で、過去の栄光にスポットを当てている人も少なくない。
あらゆる種目における全国大会やインターハイ出場は決して珍しくなく、中には元プロ選手だっている。
スポーツ・カイロプラクティックがあるように、やはり体育会系が多いのだろうか。

“Don't Think. Feel”

かつてブルース・リーが残した映画の中での有名なセリフだ。
もはや、単なるセリフの域を超えた明言の1つとして紹介されることも多い。
特に体育会系の人からは共感と絶賛されている。

とどのつまりで、最終的に行き着くところが“感じる”ということなのかもしれない。
こうして書いたり言ったりするのは簡単だが、実際はそう簡単なことではないと思う。

少なくとも、私はそう”感じて”いる。
先日、先輩の先生とご一緒した時、仰っていた一言がある。

「感じればいいんだ!!」

カイロプラクティックはパルペーションを通じて状態を把握しなくてはならない。
首を触って、背中を触って、目に見えない骨をスキャンする。

「なんでそんなことが分かるんだ??」と、学び始めの学生は言う。
「そんなの分かるはずがない」と、医者の先生方は卑下しながら言う。

当然である。
“感じる”ことができていないのだから。
かく言う私も、恥ずかしながら“感じ”られる方ではない。

私はよく“指先の集中力”という表現を用いる。
が、これも裏を返せば“感じる”ことができていないからこその表現とも言えるだろう。
そして、それはその通りだと思う。

そもそも、“感じる”とは何ぞや??
頭でっかち故か、“感じる”ということを考えるという、訳のわからないことをやってしまう。
それでは動けようはずもない。

俗に言う“運動神経”の有無は、スタートの時点では大きな差をなって現れる傾向がある。
だからといって、その差が縮まらないことはない。
それどころか、逆転の可能性だって大いにある。

負け惜しみに聞こえるかもしれない。
それでも言ってしまえば、彼らはちょっと“運動神経”がいいだけだ。
皆が皆、天才なわけではない。

天才とは、理論とはかけ離れたところで結果を出してしまう人のこと。
かつて、“名将”と呼ばれた野村克也サンは数人の選手を天才と称した。
しかしながら、称された選手たちが皆、一流の選手として名を残しているわけではない。

思うに、努力をしない天才はいない。
一流と二流との差はどれだけ進化したかではないだろうか。
その過程において必要とされるのが、コーチングである。

先の先生は、「オレはコーチングはできるけど、ティーチングはできない」と仰っていた。
なるほど、確かに“感じ”られる人が「どうやって“感じる”のか」なんて説明できようはずがない。

“Don't Think, Feel” 

やはり、この一言に尽きる。

コーチングとティーチングは違う。
これを履き違えると、どんな逸材も凡人と化してしまう。

ティーチングとは教える側から教わる側への一方通行であり、当人は往々にして受け身となる。
それだけでなく、教える側から答えが出てくることも少なくない。

これに対し、コーチングとは当人を目標に導き運んでいくことが基本となる。
この場合、疑問も目標も、そして答えをも当人が出さなくてはならない。

最も大きな違いは、両者の関係にある。
ティーチングが言わば師弟関係であるのに対し、コーチングの場合は対等な関係となっている。
少なくとも、私はそう理解している。

セミナーの告知などで「独自の理論」などという表現を目にすることが多い。
“独自”である以上、ティーチングと考えるのがスジかと思う。

が、“独自”がカイロプラクティックと称していいモノなのかどうか、意見の分かれるところではあるだろう。
加えて、これが“独自”のコーチング理論だったりすると、更にややこしい話となってくる。

おそらく、JACもこの点に関してはヒジョーに曖昧である。
それ以前に、考えたことすらないと思う。

あ、違うか。
JACに意思は存在しないんだったな…。

学位持ちでない不特定多数の相手に対するティーチングは規制の対象となる。
しかしながら、コーチングに関してはその限りではないと解釈できる。
この曖昧さにつけ込んで、ティーチングのセミナーが後を絶たないことは想像するに容易い。

まあ、JACが何の声明も出せないヌルい状態の今、セミナーをガンガンに受けるチャンスとも言えるだろう。
特に、“感じる”ことのできないままで野に放たれた人にとっては尚更だ。

そんな私は最近、とある方法で背骨に触れることで変化が“感じ”とれるようになってきた気がしている。
そう“感じ”られるまで、時間にして4年強かかった。
その間、何が分かるわけでもないのに、それでも繰り返し続けた。

そう、愚直なまでにやり続ける。
その上で目に見えない何かをつかみ取る。

私にはこれしかないと、現時点ではそう思っている。
決めつけはしないが、それ以外の方法が今は思いつかない。

コーチングが必要なのかな…。
ふふ。

ちゃんとカイロプラクティックしなさい。

拍手[8回]

PR
お名前
タイトル
文字色
URL
コメント
パスワード
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Don't think!
久しぶりに覗かせて頂いたら、まさにタイムリーな話題。今日の午前中のテクニッククラスで「Don't think!」「考えずにパワー炸裂させなさい!」と言われたばかりでした。頭でっかちであるらしい私にとって、カイロプラクティックの道に進む以前も言われたことのある言葉。でもDon't thinkだけでは乗り越えられないこともわかっています。特に体格差がはなはだしい私の場合。ということで、悔しい思いのまま、ビデオに撮って頂いた私のアジャストの様子を見返し、必要そうなトレーニングを自分なりに「考え」ました。「だからといって、その差が縮まらないことはない。それどころか、逆転の可能性だって大いにある。」その通りだと信じています。あきらめるのはいつだってできるし^^。

元気を頂きました。ありがとうございます。そしていつも記事を楽しみにしています。(Life Univ. 留学中)
Harukaさん / 2013/02/09(Sat) / URL
Re:Don't think!
“感じる”にも人それぞれありまして、考えありきで感じられることもあるように思います。他人のことを言えるレベルではありませんが、やっぱり“継続は力なり”が基本になるのかもしれませんね。

留学中はいろいろ大変なこともあるでしょうけど、同様に吸収できることも多いと思います。様々な体験や勉強を糧として、素敵なカイロプラクターになってください。

コメントありがとうございます。
 (2013/02/11)
Copyright © ちゃんとカイロプラクティックしなさい All Rights Reserved
Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
忍者ブログ / [PR]