忍者ブログ
決して上から目線でモノ言うわけではありません。
カレンダー
05 2018/06 07
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
時計
プロフィール
HN:
謎の東洋人 モト山本
性別:
男性
職業:
カイロプラクター
趣味:
安物腕時計蒐集
最新コメント
[03/16 ある参加者]
[03/06 もぐもぐ]
[01/30 NONAME]
[01/30 NONAME]
[04/21 車田暁則]
[04/19 車田暁則]
[03/11 車田暁則]
[03/11 匿名]
[03/08 車田暁則]
[03/08 匿名希望]
最新トラックバック
カウンター
ブログ内検索
バーコード
アクセス解析
何というか、また人前で喋ることになってしまった。

科学新聞社から出版された「カイロプラクティックのプロフェッショナル20人が語る仕事の流儀」。
この本の出版記念講演会が開催される。
そこにスピーカーの1人として指名されたのだ。

ちなみに、この本に関しては一切タッチしていない。
にもかかわらず、ある日メールが届いた。
送り主は、例によって科学新聞社の社長である。

「スピーカーの1人に貴殿が選ばれました。
 おめでとうございます」

何がおめでたいのかはよく分からない。
特別拒絶する理由はないが、当日は西武ドームにて野球観戦する予定になっていた。
ダダはこねてみたものの、まあ仕方のないところである。

さて、何を喋ろうか…。
先にも書いた通り、今回出版された本とは何の関わりもない。
よって何が書かれているのかさえ、一切知らなかった。

一応、前もって本は送ってもらったが、話をどうまとめていいものか。
考えている間に、カイロジャーナル紙上で発表されてしまった。
しかも名前までバッチリ掲載されている。

改めて社長に確認したところ、

「キミの場合は自分で組み立ててくれていいですよ」

との返答。
私という人間を知った上でのこの対応。
社長はなかなかのギャンブラーである。

まあ、こちらに一任して頂けたのはいいが、他のスピーカーを無視するわけにはいかない。
他の先生方が何を話されるのかは知りようもないが、話のネタがカブることだけは極力避けたいもの。
カイロプラクティック同様、“独自性”が求められる。

スピーチそのものに関しては、当日パワーポイントが使えるのでヒジョーに楽。
パワーポイントに何を組み込んでいくか、その構成が全てと言っても過言ではない。
カブらなさそうな内容をピックアップしてはセーブしていく。

ただ、そのパワーポイントのスライド作成がどうも面白くない。
同じプレゼン用ソフトとしては、Apple向けのソフト"Keynote"の方が出来がいいように感じている。
実際、Keynoteで作成した方が見栄えがいい。

となれば、迷わずkeynote…となるはず。
だが、会場のプロジェクターがkeynoteに対応しているかどうか定かではない。

keynote使用に際し、以前ならMacbookなどを持ち込む必要があった。
しかし時は流れて、今ではiPadで編集・操作ができるようになった。
しかも、iPhoneをリモコン代わりに使えるのである。

keynoteに関しての懸案は他にもある。
プロジェクターだけでなく、リモコンもkeynoteに対応しているかがわからない。

先に書いた通り、iPhoneでも操作はできる。
ただしその場合、レーザーポインターを別に持たなくてはならなくなる。
これは結構面倒だ。

スピーチで両手が塞がっている様は、個人的にはあまり美しいとは思えない。
そもそも、両手塞がりではiPhoneの操作ができないではないか。
やはりリモコン一体型のレーザーポインターが便利だろう。

レーザーポインターにしても、赤より緑の方が見やすくていい。
緑の一体型となると日本ではまだ安価のモノがないので、誰に頼まれたわけでもなく海外から購入。
Mac対応なので、ユーザーの私にとっては有用性も高い。

待てよ??
Mac対応とはあるが、keynote対応とは書いてない。
動作確認が必要だな。

………。

とまあ、スピーチ本編とは全く関係のないところで思慮を巡らしている。
肝心の本編だが、9割がた固まりつつある。

一応、念のために書いておこう。
今回の内容は“カイロプラクティック”に関してのモノである。
後々誰が何と言ってこようと、そこだけは間違いない。

聞いているときはもっともらしく聞こえ、終わった後には何も残らない。
そんな理想的なスピーチを展開したいと思っている。

ブログと違い、スピーチは形に残らない。
何も残らなければ、何も言ってはこない。
こうして私のマイナー性は保たれる。

それでいい。

大丈夫。
スピーカーは私以外に4人いるらしいから。
聞けば御大も急遽出陣とのことなので、一般論としては何ら問題はないはずだ。

というわけで、カイロプラクティックに興味のある方は是非参加して頂きたい。
そして、本も購入して読んでほしい。
カイロプラクターなら手元に置いておきたい本だと思う。

さて、何を喋ろうか…。

拍手[4回]

PR
お名前
タイトル
文字色
URL
コメント
パスワード
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Copyright © ちゃんとカイロプラクティックしなさい All Rights Reserved
Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
忍者ブログ / [PR]